ベジセーフ【野菜洗いの専用水】

ベジセーフで対処?日本の農薬の危険性は?

日本の農薬使用量は世界トップレベルといわれいるが、
このことが人体に危険性を及ぼすものであるのか改めて調べてみた。

 

 

人への毒性はそれほど高くないという考え方。

 

虫や草を除去するための農薬は、それだけで人間にも害のあるものと想像しがちであるが
実際にはそうでもないという。

 

なぜならば、体の構造そのものが虫や草とは異なるからである。

 

例えば

 

虫にしかない気門を詰まらせるものや
昆虫の脱皮を阻害することにより死滅させるものであったり

 

草木の光合成を阻害することで草木を枯らすものであったりと

 

毒性が作用するところが人と虫・植物とではそもそも異なるということ。

 

また、人と虫とでは体の大きさが違うので虫にとっては微量で
死に至ったとしても、人はすぐに代謝ができるという考え方。

 

 

日本の農薬は厳しい毒性検査を受けているから大丈夫という考え方

 

日本では新しく農薬を開発した際、登録審査の検査を受けることが義務になっているため、
安全性に関する検査を徹底的に行い、国から登録の許可が下りなければ、
商品として流通ができないということ。

 

要するに日本では法律が厳しいので
安全であると確認された農藥しか使用できないだから大丈夫という考え方。

 

 

日本は、高温多湿で害虫が発生しやすく、
また、農業後継者の人手不足から生産量を維持するためには農薬を使わざるを得ない状況である。
そのためには、農薬は安全で厳しい管理のもとで使用されているのだ。

 

だから、そこまで神経質になり、その危険性を恐れる必要はないのかもしれない。

 

 

しかし・・その安全性が100%保証されているわけではないということも事実なのである。

100%安全とはいえないということ

農薬の人体における影響力の低さや法の整備により、
そこまで、神経質になり、用心する必要はないとはいえ100%安全なものではないという不安要素は次のとおりである。

 

 

神経系の殺虫剤への不安

 

殺虫剤の中には虫の神経系に作用するものがあるのだが、
虫の場合は微量で死に至るので体の大きい人間にはほとんど影響がないということに疑問がある。

 

神経系は人も虫も構造は同じ、これに関してはどうしても不安がぬぐえないのである。

 

実際、神経系の農薬に対しては、パーキンソン病のリスクの報告があるといわれている。

 

日本でのパーキンソン病の発症数が増加していることからも神経系の農薬の存在は看過できない。

 

 

使用方法への不安

 

法により厳しく管理されているとはいえ、これは農薬を使用するときに既定の量を正しく使った場合に限られること。
農薬の使用者が万が一、間違った使用をした場合が健康被害もあり得るということである。

 

また、その農薬を単体で使った場合は危険性がないとしても
他の薬剤と接触した場合、何らかの化学反応が起こる可能性もあるということや、
農薬に接した人が服用している薬への影響も無視できない。

 

たとえば、風邪薬で抗生物質を使っている場合には
農薬用抗菌剤に接すると予想外のことがあるかもしれないのだ。

 

 

化学物質への不安

 

アレルギー症やアトピーなど体質的な疾患がある場合は
化学物質や添加物というそれだけで不安があるものだ。

 

また、微量とはいえ体内に蓄積されていくことへの不安も免れないのである。

 

 

これらの不安要素がある限り、
何らかの残留農薬対策を立てざるを得ないと思うのも当然である。

 

その中で、家庭の食の安全を預かる主婦たちの間で評判なのが
野菜洗いの専用水「ベジセーフ」である。

 

農薬対策の選択肢の一つとしてこのベジセーフを紹介させていただく。

 

⇒ベジセーフについて